So-net無料ブログ作成
お出かけ情報 ブログトップ

「さわる赤のコレクション」を使ったワークショップ [お出かけ情報]

「さわる赤のコレクション」とは

群馬県立近代美術館のコレクションに描かれている赤のモチーフを中心に

「美術の中の赤」をテーマにデザインされた20枚のさわるレリーフのコレクションです。

赤をテーマにしたレリーフを触り、色や触覚のイメージをみんなで言葉にしながらふくらませて

その後につづくコレクション展の美術鑑賞につなげていきます。
このワークショップでは、障害の有無にかかわらず、多様な背景を持つ人が集まり

言葉を交わしながら鑑賞していきます。(群馬県立近代美術館HPより一部抜粋)
ワークショップの日時、詳細は以下のアドレスよりご覧下さい。

http://mmag.pref.gunma.jp/art-event/red_ws.htm

 

 

 

今回、レリーフの制作のご依頼を頂き制作しました。

 

 素材は

経糸がシルク(紡績糸)

緯糸はウール(リング糸)と、シルク(紬糸)

 

P7170131-n.jpg

 

P7170136-n.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回テーマの色「赤」に染ます。 
P7180140-n.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
P7190146-n.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 菱形の部分はウール素材のリング糸で綴れ織にし
モコモコとした質感にしました。
その他の部分はシルクの紬糸で平織りにしました。
織り上げた時はしっとりとしたマットな質感ですが
手で触れられ年月が過ぎていく中で、少しずつ紬糸の節がとれ
光沢のある質感になっていきます。
P7210185-n.jpg
 
織り上がりです。
木枠にはめ込み、レリーフとなります。
P7220191-n.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 他にもさまざまな素材のレリーフが制作されています。
ぜひ、触覚を刺激しにお出かけ下さい。

 

 


お出かけ情報 ブログトップ